上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星の形のブルースター

☆の形のお花と言えば、ブルースターです。淡いパステルブルーが人気のお花です。。この、ブルースターには、白いお花と同じパステルブルーで、花びらの先が丸いくて大輪のお花とあります。。切り花のお花持ちも、かなり良く長い期間楽しめます。。ただ!!水上げの時に、しっかりとお水を飲ませなければなりません。。茎を切ると、白い液体が出てきて、これがお水の中で固まって、水上げを阻害します。。(><) それで、持たないお花のイメージを持っている方も多いのでは、ないでしょうか??しっかりと、お水を飲ませると持つんですよ・・スゴク!!さて、うまくお水を飲ませる方法は、白い液体をよく洗い流す事です。。アルコールを使ったり、お湯の中でよ~く茎を洗って白い液を洗い流しておきます。。簡易バーナーやガスコンロで、茎を焼ききる方法もあります。導管を、炭素化させてお水の飲みを良くする方法ですが、見ているとブルースターが熱そうなので、これはやりません。このお花の花苗もあって、ピンク色のピンクスターなるものもあります。。。ブルースターは、寒さにも強くて育てやすいお花だと思います。。これの、開花株は確か??11月前後に出回っていると思います。。購入して、育ててみましょう。。

「オクシペタルムブルースター」  ガガイモ科・ トゥイーディア属 常緑蔓性多年草
原産地 ブラジル、ウルグアイ  本来、お花が咲くのは、初夏~夏です。切り花は、ほぼ一年中出ていて、Weddingでもサムシングブルーの由来で、人気があるお花です。。これも、春っぽいと思うのですが・・・


花屋hanayatora
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。