上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イングリッシュラベンダー

ラベンダーです。。イングリッシュ系の・・・ブルテリの☆ブリスケ☆も見ていますよ。。。ラベンダーは、一度は手を出した方や、一度は育ててみたいと思っている方が多いでしょう!!一般的によく出回っているのは、イングリッシュ系の富良野ラベンダーとブンブンバエみたいなフレンチ系のキューレッドです。。。どちらも、育てた事があるのですが、キューレッドは暑さに強く夏越しがカンタンなラベンダーなので、地面に植えて放ってあります。。いまだに、毎年たくさんのお花を咲かせてくれて、楽しめます。。イングリッシュ系は、寒さに強く夏越しのコツが掴めればこちらもやはり、育て易いラベンダーです。。高温多湿がキライなので、夏越しは、地植えの場合は高植えと言って少し盛り土をして植えてあげて、水はけを良くしてあげます。。そして、お花が咲き終わった初夏の頃に、バッサリと思い切って刈り込んでしまいます。。株も更新されて、また次の年に満開のお花を咲かせてくれますよ。。むかし、通勤路の畑に見事なラベンダーが、盛り土をされた所に埋まっていて、毎年バッサリ!!次の年満開!!を繰り返していましたね。。。自宅のラベンダーは、数年株を更新をしていないので、咲きが悪くなってきました。。今年は、バッサリとやってやりますよ!!!(^0^)/ おぉレースラベンダーと言うのもありますね。。これは良く咲いてくれるのですが、色がね~・・・・・寒さに当たると綺麗な深いパープルになるのですがね~・・・寒さにもさほど強くないしね~・・・・葉っぱもね~ウ~ン(>_<) 微妙ですね~~ 

☆富良野ラベンダー☆ ☆シソ科 ラバンデュラ属の常緑亜低木
☆地中海原産 ラベンダーは、よく知れわたっているように、不眠や花粉症、自律神経失調、肝機能障害、花粉症などに内服効果アリで、お花を早めに摘み取って乾燥させるとカンタンにドライフラワーのポプリができますね!ですが!!妊娠初期の精油の使用はよくないそうですよ!!(>_<)



☆レモングラスを入れたいなと思っている(^-^)・・花屋hanayatora☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。