上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紫陽花ブルー

関東も梅雨入りしました(>_<) 梅雨の時期のお花と言えば、☆紫陽花☆です。。☆紫陽花☆・・・お庭で育てるのはカンタンな花木ですが、切り花はチョット水上げにコツがいります。。紫陽花は、切り口の部分の中心!白い綿のような部分と、茎の内側の部分でお水を吸います。。ですので、この部分をより多く確保して、お水をタクサン吸えるようにしなければいけません。。白い綿のような部分を取り除いて、お水を多く吸わせるようにしてあげます。。葉っぱが大きいので、葉っぱからの蒸散も多いので、タクサンお水を吸わせてあげた方が良いわけです。。では、お庭の☆紫陽花☆は??と言うと、放っておいてもいいのですが、ポイントは選定の時期です。。お花が咲いている時期に、次の花芽の分化が少しずつはじまりますので、強い選定を行ってしまうと来年のお花咲きは少なくなります。。でも、☆紫陽花☆なかなか大きくなるので、強選定を行う時はお花が咲き出してすぐが良いですね。。
お花屋さんなどで、買ってきた☆紫陽花☆が、翌年に色が変わってしまうのは土壌の酸性度が関係しています。関東地方は、関東ローム層は弱酸性なので、青いお花の☆紫陽花☆が多いですね。。自宅のお庭の☆紫陽花☆も、皆ブルーになってしまいました。。青色系は酸性用土のピートモスを大量に入れ、桃色系品種は腐葉土や堆肥を大量に入れると良いでしょうね。(^0^)/
 
☆紫陽花 ハイドランジア☆  ☆アジサイ科 ハイドランゲア属の 落葉性低木
☆日本原産(西洋紫陽花ハイドランジアはヨーロッパで品種改良) このアジサイにも、凝った時期がありましたねぇ~ いろいろといろんな品種を買い込みました。。結局、ドカドカをお庭に植えてしましい青一色です。。赤系紫陽花を育てている方は、是非お花が終わってもお花を切らずに、ドライにして秋色紫陽花を楽しみましょう!!秋色紫陽花はきれいだけど、買うと高いよ!是非、やってみましょう。。ちなみに、ブルー系はなんかキレイではないので、ボクはやりません!!(^-^)

☆紫陽花は豪華だ!花屋hanayatora☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。