上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.31 葉牡丹
葉牡丹

「葉牡丹」です。。。葉牡丹は、お正月のイメージがありますが、「イヤ!イヤ!そうでもないですよぉ」と思います。。葉牡丹はバラみたいで、なかなかカワイイ!ものです。。何年か前、これにはまってしまい、いろいろな葉牡丹を植えていました。切り花も、お正月以外にも流通していたら、きっと買ってきて使う事でしょう!!葉牡丹も種類が多く「丸い葉っぱの東京系」「葉っぱがチリチリしている名古屋系」「その中間の大阪系」「葉っぱがシュルシュルと切れ込みのある細い珊瑚系」「茎が長く伸びるとあります。。最近少なくなりましたが、おおきな「キャベツ」みたなのもありますね!この、葉牡丹にもマニアはいます。。何年も育てて、枝を分岐させて盆栽のようにしている人のいます。。それを「踊り葉牡丹」と言います。。本来、一年草扱いですが、夏越しをうまくすると、実は多年草にもなるのです。。それが「踊り葉牡丹」です。。「踊り葉牡丹」の作り方は、お花が出てきたらそれをカットして、わき芽を出させます。。そのわき芽を育てていると、「躍り葉牡丹」が出来上がります。。夏の高温多湿は嫌うので、涼しく管理すると、今年の冬も楽しめます。。カワイイ!葉牡丹!黒いフェザーとの相性もバッチリ!ですね!カリフラワー、ブロッコリー、メキャベツ、コールラビー、ケールと同じ仲間です。。食べたら以外に旨いかも・・・・(^^


「葉牡丹 丸葉東京系」 アブラナ科・アブラナ属の一年草(多年草)
原産地 ヨーロッパ 苗物も切り花も、ピンクやブルーに着色したものもあります。暖かくなってくると中心部分が、ドンドンと延びてきてそれもまた良いものです。。種を取って、自分で作る事も出来ます。。7~8月位に、撒くとお正月に間に合います。。寒さに当たれば当たるほどに、良い色合いが出てきます。。季節物だけでは、勿体ない!!(><)
あと、虫には注意です。。「オルトラン」を予め撒いておきましょう!!


花屋hanayatora
スポンサーサイト
スカビオサ

スカビオサやガーベラのBouquetです。。早くも送別会のシーズンがやって来ました。。今年は、まだ1月なのに送別会のお花のOderが色々と入ってきます。。送別会は確かに、1年中ありますが、やはり多いのは春。送別会も前倒しになってきているのでしょうか???

「送別会のBouquet」
・マーガレット ・カーネーションダークテンポ ・スカビオサ ・ホワイトレースフラワー ・ガーベラキムシー

★送別会/卒園・卒業等のBouquet 受付中です。。¥2100~(税込)からになります。★

花屋hanayatora
クリスマスローズアップ

写真は「クリスマスローズ白系 Helleborus hybridus 」です。種から育てられた実生苗なので、スポットが入りました。実生苗は、いろいろなお花(花色・花型)が出てくるところが楽しみです。。蓋を開けてみないとわからない的な・・バラエティーにとんでいます。お値段も比較的安いです。。本来は、まだ開花していませんので、この写真は、昨年の2月下旬の頃のお花です。クリスマスローズは、多くの人の心を奪い、クリスマスローズ展も開かれ、バラやクレマチスと並んで、人気のお花です。。マニアも大変に多く、種類も豊富です。。お値段ももちろん豊富です。。ナン百円~ウン万円まで。。とても、短く書ききれませんが、大きく分けて「実生苗」「メリクロン苗」「原種系」などあります。。今年の2月で3年目のうちのクリスマスローズ。。毎年、盛り土などしてやり大株になって来ています。今年は、沢山のお花を咲かせてくれるでしょう!!もちろん!切り花もあります。。水上げは、悪いですがこのお花だけをギュとまとめたBouquetには、女性のみなさんはグッとくることでしょう。。


「クリスマスローズ 白系オリエンタリス交配種実生苗」 キンポウゲ科・クリスマスローズ属の耐寒性多年草 ヨーロッパ・地中海沿岸・西アジア原産  庭植えに大変適しているお花です。お花のように見えるのは、「ガク」です。真ん中の部分がお花です。。夏の暑さに注意した場所に植えて、盛り土をしてあげると大株になっていきます。。切り花は、水上げが悪い為、「湯上げ」や「茎を焼く」方法で水上げをします。クリスマスの頃に咲く種類は、ニゲル系です。
これから、クリスマスローズ展など開催され、また盛り上がっていくことでしょうね!!

花屋hanayatora

アーリフォリーズ

本日は素晴らしいバラをアップします。。このバラは、「アーリーフォリーズ」。。斑入りのスプレーバラです。。シックな色合いの赤に、ピンク色の斑が入っています。。良質のお肉の霜降り(^^みたいです。。見事なグラデーションで、豪華で存在感タップリです。。これで、イイ!Bouquetを・・と思っていたのですが、作成前に売れてしまいました。。
残念???(><) よかった??(^^)v なんかチョットだけ微妙ですね。。。


「斑入りスプレーバラ アーリフォリーズ」

花屋hanayatora
ノビオバーガンディー

昨日の「ナザレア」続いて、今日もシックでキレイ!なカーネーション「ノビオバーガンディー」の紹介です。。シックな花びらの色合いにスポット模様が大変キレイ!なカーネーションですね。。これで、Bouquetなど作ったら言うことないでしょう!!とても!!ゴージャスなカーネーションです。。


「スタンダードカーネーション ノビオバーガンディー」 ナデシコ科・ナデシコ属の多年草
 南ヨーロッパ・地中海沿岸原産 紀元前から栽培されていたと言われています。。16世紀にヨーロッパで品種改良がすすんで、19世紀に現在の品種に近いものや芳香のあるものが生まれてきたそうです。。園芸品種だけでも500種以上!花色、大きさとバリエーションはさまざま!!カーネーションあなどれないお花ですよ!!カーネーションは素晴らしい(^^)v

花屋hanayatora
ナザレア

イイ!綺麗なカーネーションが、入りました。。スプレーカーネーションの「ナザレア」です。。とてもキレイ!色合いです。。エレガントなシルバーパープルの色合いと、花びらのギザギザ加減がまた良いカーネーションです。。しかし、見れば見る程にキレイなカーネーションです。。これと一緒に、もうひとつヤバイ感じのカーネーションを、発見!!近日、UP予定する予定です。。とにかく、カーネーションはイイ!!!こんなの母の日に贈ってみたら、喜ばれる!
v(^^)v

「スプレーカーネーション ナザレア」 ナデシコ科・ナデシコ属の多年草
 南ヨーロッパ・地中海沿岸原産 紀元前から栽培されていたと言われています。。16世紀にヨーロッパで品種改良がすすんで、19世紀に現在の品種に近いものや芳香のあるものが生まれてきたそうです。。園芸品種だけでも500種以上!花色、大きさとバリエーションはさまざま!!カーネーションあなどれないお花ですよ!!カーネーションは素晴らしい(^^)v

花屋hanayatora
カワイ!パンジー

写真はカワイ!!パンジーの切り花です。。冬の花壇や寄せ植えの定番、パンジーの切り花もあります。。。パンジーの切り花とパールを入れた、プチ花瓶の組み合わせです。。大きな顔のパンジーの下で、パールがキラキラ光っています。。こんなパンジーの飾り方もアリ!です。。(^^

「パンジー イオナiイエローウィズブロッチ」 スミレ科・スミレ属の秋撒き一年草(本来は多年草) 園芸種 もともとはビオラの野生種を、イギリスやフランスで園芸種にしたのが、パンジーの始まりです。。写真のパンジーは、そのな色々な中でも、良く見かけるクラシックなパンジー。。80年代頃から、出てきた大きめの黒目のパンジーです。。一代交配種(F1)と言って、開花が早く、お花が安定して咲くものです。。タキイ種苗のF1なんかが有名です。。あえて、クラシックな黒目の普通のパンジーとパールのコラボ・・・どうでしょう???(^^

花屋hanayatora
レモンラナンキュラ

写真のバラは、「レモンラナンキュラ」という名前のオールドローズです。。淡い黄色の花びらの中心は、グリーンになっていてとてもキレイ!なバラです。。ラナンキュラと言う名前が付いているだけあって、春のお花 ラナンキュラス を大きくした感じです。。このバラも人気のあるバラで、他には赤い「レッドラナンキュラ」と言う名前のバラもあります。このバラはBouquetやWeddingbouquetにピッタリのバラですね!!

「オールドローズ レモンラナンキュラ」 

 花屋hanayatora

サイネリアプラネットイエロー

写真のお花は、「サイネリア」。。卒園・卒業シーズンの定番のお花です。サイネリアは、一年草になりますが、お花ひとつひとつの花持ちが大変に良くて、長い期間楽しめるお花です。
一度咲き終わったお花は三分の一程刈り込んであげると、再び開花してもう一度お花を楽しむことが出来ます!シネラリアとも呼ばれますが、シネが縁起が悪い為に、現在の「サイネリア」と言う名前に変わりました。この「サイネリア」には、多年草バージョンもあります。お値段は高いお花ですが、「桂花」と言うお花です。。これからの時期に、欠かせない豪華でカワイイ!「サイネリア」3月に卒園式や卒業式でもらったら長く楽しんでみましょう!!


「サイネリア プラネットイエロー」  キク科・セネシオ属の秋蒔き一年草(本来は多年草です。) 北アフリカ原産 色とりどりの「サイネリア」プラネットイエローは、黄色の色が無かったサイネリアに加わった黄色品種のサイネリアです。。写真は白っぽく写っていますが、クリームイエローのカワイイ!お花です。。

花屋hanayatora


2008.01.22 プミラ
フィカスプミラ

写真は根強い人気のInteriorGreen「フィクスプミラ サニーホワイト」です。。。寒い冬でも耐寒性が強い為、冬越しもカンタンなGreenです。。こちらのGreenも、女性に人気があります。。葉っぱの感じでしょうか??たしかに葉っぱがカワイイ!Greenですね。。育てるのは、カンタンな部類のGreenですが、注意点がひとつあります!あまりスゴク!水切れ(乾かし過ぎてしまう事)をしてしまうと、葉っぱがチョリチョリとカサカサになってしまい元には、戻りません!(><)マイッタァ~!お水やりを、忘れてカラカラにしてしまった場合は、鉢ごとお水の中にしばらく浸けて置きます。。うまくいけば「復活」します。。うまくいかなかったら、カサカサの葉っぱは取り除いて短く切り詰めます。。。そっからまた、気長に育てて大きくします。。。でも、毎日ザブザブとお水を与えていると、根っこが腐ってかれてしまいます。。お水は乾いたら、沢山タップリあげるは守りましょう!!葉っぱが薄いので、空調の風に当てることも厳禁です。。。


「フィクスプミラ サニーホワイト」  クワ科・フィクス属の常緑蔓性低木
日本・中国原産 ゴムの木やベンジャミンと同じ仲間のGreenです。性質はとても強いので、暖かい地方だったら、外で育てても全然平気なGreenです。。。

花屋hanayatora
 
2008.01.21 ブラウニー
ブラウニー

黒目のガーベラ「ブラウニー」です。。ガーベラは黒目にかぎりますねぇ!オレンジ色に濃いブラウンの配色が絶妙です。。ガーベラの周りにある白いお花は「ホワイトレースフラワー」です。只のホワイトスターでは無くて、スプレー咲きのホワイトレースフラワーです。。少しシックな、でもカワイイ!!ガーベラのご紹介でした!!(^^)v


「ガーベラ ブラウニー」 キク科・ガーベラ属の多年草
熱帯アフリカ・熱帯アジア原産 真夏と真冬にお花はお休みしますが、丈夫なお花です。。
白いガーベラの花鉢を何年か、育てていましたが育て易かったです。。切り花は一年中、流 通しています。。真夏を除くと品質の変化もあまりありません!!

花屋hanayatora

2008.01.20 ドイツアザミ
ドイツアザミ

カワイイ!ドイツアザミを先日、入荷しました。。すこし、チクチクとするアザミですが、カワイイ!お花ですのでつい入荷です。。しっかりと水上げをすると、結構長持ちするお花です。お花の可愛らしさと、葉っぱの鮮やかなグリーンの対比を活かして活けるとイイです。。PetitBouquetやArrengementにもってこいのお花です。アザミは、約250種類が北半球に広く分布しているようです。。確かに、この時期に、お店の外のディスプレイなどに使っても平気です。。
カワイイ!アザミは¥120です。。値段もカワイイ!!九州産です。。


「ドイツアザミ」  キク科・アザミ属の耐寒性多年草
日本~地中海沿岸~北アメリカ原産 写真のアザミ。。日本でも自生しているのですが、何故??か名前は「ドイツアザミ」です。。。

花屋hanayatora

ガーベラ白赤アレンジ

たまにはArrengementでも、載せましょうか!(笑 お花自体がキレイ!と思うので、あまり作品ばかり載せるのは何かチョット!気が引けます・・(^^ ガーベラは、幅広い年代の女性の方から愛されているお花です。。Kid’sからオバ~チャンまで皆このガーベラは大好きです!!何と言ってもやはりカワイイ!ところでしょう。。それもスゴク分かり易い可愛さです。。ガーベラも大変にいろんな種類が多くて、うちもよくお世話になるお花です。。。「首が曲がってしまうの・・」という方も多いですが、「そうでも無いですよぉ」と思います。確かに、安い駄目なガーベラは・・(><) あと、真夏は・・・(><) ガーベラを購入する時は、茎がしっかりと太いお花を選んで下さい。奇形なのですが、茎が2本くっ付いているものがあります。。これはお花が大変に持ちます。。強いお花X強いお花=茎が2本になることがあります!2倍の水上げが可能です。ガーベラもキク科のお花なのでもともとは持つお花です。。市販の延命剤(栄養分が入っているもの、キク科のお花全般そうです!殺菌成分のみのものは可です。。)は使用せずに、お水は毎日取り替えます。その際に、茎や花器はキレイに洗います。。お水は薄く張って下さい。茎を腐らせない為です。もちろん、鋭利な刃物で、茎をスッパっと斜めに切ることはやって下さいね。。暖房の無いお部屋なら、この時期1ヶ月は行けると思います。。ガーベラもどんどんブログで紹介してまいります。。ガーベラの産地は、愛知県や八丈島、千葉県などが有名です。お店用、花嫁さん用などで産地を使い分けます。。花鉢は、多年草で丈夫です。。葉っぱばかり茂ってしまい、お花が咲かない株は葉っぱの数を15枚位に間引いて上げてください。咲きます!!日当たりも大好きです。。。肥料も忘れずに・・・


「ガーベラ Arrengement」 キク科・ガーベラ属の多年草
・ガーベラホワイトイリュージョン ・ガーベラ レッドロック ・麦の穂 ・赤ドラ 
熱帯アフリカ・熱帯アジア原産 真夏と真冬にお花はお休みしますが、丈夫なお花です。。
白いガーベラの花鉢を何年か、育てていましたが育て易かったです。。切り花は一年中、流 通しています。。真夏を除くと品質の変化もあまりありません!!「おすすめぇ~」(Ikko風 笑)

花屋hanayatora


アンジェリークロマンティカ

写真のコロコロ!しているオールドローズは「アンジェリークロマンティカ」です。。これは、素晴らしいですねぇ・・・香りもスゴクイイ!バラです。。市場からの帰りのクルマの中が、スゴクイイ!香りになりました。。普段はただ単にタバコくさいクルマなんですが、今日はバラのイイ香りがプ~ンと漂っていました!!

 「オールドローズ アンジェリークロマンティカ」 群馬産

花屋hanayatora
アップ 38

本日もスタンダードカーネーション「ツンドラ」です。。Kid’s達が好きなカーネーションはコレ!です。。黄色に赤い縁どりがカワイイ!!スタンダードカーネーションです。。カワイイ!Kid’s用のBouquetなど作る時に主に使ったりします。。。Kid’sからMaMaへ母の日は大活躍します。。あと卒園や入園シーズンも・・・Kid’sの心を掴んで離さないツンドラ(^^

 「スタンダードカーネーション ツンドラ」

花屋hanayatora
ダークテンポ1

しかし!スタンダードカーネーションはイイ!写真はシックなピンクに縁どりがキレイ!な「ダークテンポ」というカーネーションです。。ゴージャスでキレイ!なカーネーションは、ホント!いいなぁ~と思うものです。カーネーションといえば母の日ですが、母の日だけではもったないキレイ!さです。カーネーションのことは、いろいろとブログにも書いていますが、このカーネーションはコロンビア産です。。数年前からコロンビア産のカーネーションの入荷が多くなっています。。はじめは、外国産なんてなぁ~的な感じもありましたが、今はなかなか人気があります。発色が良くて日持ちも良くてお気に入りです。。50本で5色のロットもいいですねぇ~。。品質も一定で、流通量も一定で言う事なしです。。オマケにキレイ!でカーネーションはヤッパリ!イイ!!


「スタンダードカーネーション ダークテンポ」 ナデシコ科・ナデシコ属の多年草
 南ヨーロッパ・地中海沿岸原産 紀元前から栽培されていたと言われています。。16世紀にヨーロッパで品種改良がすすんで、19世紀に現在の品種に近いものや芳香のあるものが生まれてきたそうです。。園芸品種だけでも500種以上!花色、大きさとバリエーションはさまざま!!カーネーションあなどれないお花ですよ!!カーネーションは素晴らしい(^^)v

花屋hanayatora
バレリーナブーケ1

写真のWeddingBouquetで使っているチューリップは「バレリーナ」という名前のチューリップです。。まるいツボミのチューリップと違って、ユリのような咲き方をする「ユリ咲き」のチューリップです。。花びらの先が細長く尖って、外側に反り返るように咲きます。チューリップの茎のラインと花びらの先が尖ったラインがキレイ!なので、ブーケでは「キャスケードブーケ」にむいています。。この咲き方のチューリップは他に、赤い「アラジン」、淡い黄色「ウエストポイント」などあります。。。「バレリーナ」は確か!数年前にチューリップ大賞をもらっていた品種だったような・・・花瓶などに活けるときもラインをキレイ!に出すように活けるのがポイントです。。。
あと、ガーベラはヤッパリ!黒目がカワイイ!!ですね!

 「チューリップ バレリーナ」 ユリ科・チューリップ属の秋植え球根植物
 中央アジア~北アフリカ原産 中東諸国で古くから栽培・品種改良されて、オスマントルコ  の国花にもなったお花。チューリップの種類は約2000種!日本で栽培されているものは1 00種以上!スゴイ!!ユリ咲き系・パーロット咲き系・フリンジド系・ウィリディフロラ系・枝  咲き系・八重咲き系・野生種系・一重咲き系ととても多彩です。。
 
 「春のキャスケードブーケ」
 ★バレリーナ ★スプレー咲きのホワイトレースフラワー ★ガーベラターボ 
 ★ユーカリ銀世界 ★マム モナリザ ★マム セイラプソティー

 ★生花/造花/プリフラ/全てのお花で、幸せなお二人のWeddingを応援致します。。す場らしい記念日を、よりお花で素晴らしく!!花屋はなやとらの考えです!!(^^)v
 
花屋hanayatora
VFSH0001.jpg

写真のGreenは、ここ数年人気が出てきた「モンステラ」です。。葉っぱの切り込みなど、デザインが完成されたInteriorgreenだと思います。。仕立て方もいろいろとあります。。ヘゴ仕立てや、1本木仕立て、根上りといろいろです。。大きさもミニマのように小さいものもあれば、斑入りの葉っぱもあります。。ミッドセンチュリーアートとして、「モンステラ」の葉っぱの造花がフレームにはいったものもよく見かけます。。アメリカで1950年~1970年くらいまでインドアグリーンとして流行っていたようです。。ハワイの象徴的なGreenでもありますので、キルトなどにもモンステラ模様があります。。最近は、iPodのカバーにも「モンステラ」が登場です。。。写真のモンステラはアダンソニー(姫モンス)という種類で、もちろん「根上り」&「1本木仕立て」です。。。モンステラは以外に寒さなどにも強く、大変育てやすい種類のInteriorGreenだと思います。。この「モンステラ」の切り葉もよく使います。。この葉っぱが効くんです。。葉っぱの穴や切り込みから、お花を出したりいろいろと出来ます。。切り葉だけを飾っていても、長持ちもするし、モダンな雰囲気感がタップリ!!です。。やはりInteriorgreenの王様と言えば「モンステラ」です。。ハイビスカスみたいに流行物で終わってほしくないGreenです。。


 「モンステラアダンソニー 根上り・1本木スタイル」 サトイモ科・ホウライショウ属の常緑蔓 性多年草   熱帯アメリカ原産 寒さにも比較的強く育て易いGreenです。。水遣りの管理 は必ず鉢の土が乾いてから、与える時はタップリ!と与えてあげましょう。。空調の風に直接当てることは厳禁ですよ!! この「モンステラ」は H120cm/W100cmでブラックの 陶器鉢に入っていて ¥7350(税込) です。。 全国配送対応致します。。

 花屋hanayatora
 
w a 5

うちが一年中お世話になるお花はなんだろう??とつい考えてしまいました。。バラは夏はお休みするし(冷蔵庫がないので夏は秒殺されます。。)スイートピーやチューリップは季節のお花、ユリや蘭はウ~ン(><) スタンダードのカーネーションに一番お世話になっています。やはり、長もち、カワイイ!からゴージャス、シック、モダンまで多彩な色合い、欠かせません!1位スタンダードカーネーション・2位ガーベラ・3位バラ・4位草花・5位枝物なんて感じでしょうか?うちがよくお世話になるお花は・・・お世話になっているカーネーションのなかでもお気に入りの「クリスティーナ」  水上げは、水切りします。。

 「スタンダードカーネーション クリスティーナ」 ナデシコ科・ナデシコ属の多年草
 南ヨーロッパ・地中海沿岸原産 紀元前から栽培されていたと言われています。。16世紀にヨーロッパで品種改良がすすんで、19世紀に現在の品種に近いものや芳香のあるものが生まれてきたそうです。。園芸品種だけでも500種以上!花色、大きさとバリエーションはさまざま!!カーネーションあなどれないお花ですよ!!カーネーションは素晴らしい(^^)v
母の日だけでは、もったいない!!

花屋hanayatora


アップ 31

これもキレイなスイートピーです。。ロマンティックシリーズの箱の中に入っていました。。キレイ!です。。スイートピーは、今~3月位までが旬のお花ですので、いろいろなスイートピーをUPして行きます。前回は「クラシック」、今回は「ロマンティック」!!!
スイートピー切り花は、宮崎や大分、和歌山や愛知産が有名です。。うちでは九州のスイートピーを主に買います。。。こういうキレイなスイートピーはイイ!!

 「スイートピーロイヤルブルー」 マメ科・ハマエンドウ属の耐寒1年草
シチリア島原産 夏咲き系、大輪多花系、冬咲き系などがあります。冬咲き系は切り花用です。色々な色があります。鉢物は矮性種が早春に出てきます。ウェディングの人気のスイートピーは宿根スイートピーです。でも高いです。。。(><)

 ★お店からのお知らせ★
★1月~2月の花嫁さん限定 (^^)/★
WeddingBpuquetを2点Oder頂けると、2点目のBouquetは20%OFFになります!
この機会に、1月~2月にWeddingを挙げられる花嫁さんはどうぞこの機会にご利用下さい。
さいたま市内式場は、配送無料です。
詳細はこちらから http://www.878.ecweb.jp/page003.html

花屋hanayatora
アップ 29

年が明けて、市場には春の枝ものがいろいろと出始めました。。桜などももう出ています。。写真は「小手鞠」です。。小さいカワイイ!小花を沢山つけます。。枝のラインがキレイ!なので、枝のラインを活かした活け方をします!タメも多少効くのでウニィ~と曲げて使ったりも出来ます。小手鞠は、落葉低木で庭木としても大変に育てやすいです。。地面に落とさずに、うちで生き残ったのはこの小手鞠と雪柳の2つになってしまいました。。もう、かれこれ5年位でしょうか?育てていて。。忙しく水遣りなども出来ず放置してあるのですが・・・元気です。。毎年、3月になると、お花を咲かせてくれます。。2年に一度位、株元で強選定を行って、株を新しく更新しています。強選定を行った後の春はお花はお休みしますが、更に次の年はいっぱいのお花を咲かせてくれます。。。この枝ものは、切り口を叩いて砕くたり、折ったりして給水面を多くしてから、深水に浸けて水揚げをします。。

 「小手鞠」 バラ科・シモツケ属の落葉性小低木
 中国原産 春にお花を咲かせます。春風に吹かれてそよぐ姿はなかなかなものです。「大手鞠」というのもあります!!枝のラインがとてもキレイ!です。。

花屋hanayatora
カルトブランシェ(^^)/

写真のバラは「カルトブランシェ」と言う名前の白バラです。。スタンダードローズですが、花びらのの枚数が多くて花びらの先が、チョット ギザギザ!ヒラヒラ! しているのが特徴です。。花びらの先が ギザギザ しているから、白バラの中では咲くととてもゴージャスな感じになります!うちでよく入れる白バラは「ティネケ」や「ローズユミ」と言うバラですが、タマ~にこの「カルトブランシェ」も入荷します。。シロの色合い加減もとてもキレイ!なバラです。。。

 「スタンダードローズ カルトブランシェ」

花屋hanayatora
VFSH0014.jpg

シックな茶色のシンビジューム「マジョリカ」です。。冬のランと言えばヤッパリ!シンビジューム。。寒さに強くて、お花も長持ちいう事ありません。。来年咲かせるの比較的簡単なので胡蝶蘭とかよりオススメ!出来るランです。。シンビジュームは毎年色々と新品種が出てきて、市場で見ているだけでも楽しめます。特にイイナァ~と思うのが、この「マジョリカ」、「ミルクティー」、前に画像をUPした「ジェムストーン」、グリーンで赤いリップの「ワルツロマンス」などがキレイ!だと思います。。シンビジュームは香りもなかなかイイ!と思うのですが・・
一緒に写っているのは、お客さんから頂いた年賀状。。とてもカワイイ!!年賀状が届きました!!

「シンビジューム ジェムストーン」 ラン科・シンビジューム属
インド~アジア原産 
★シンビジュームの管理方法

★水遣りは、植え込みの材料が乾いたら、タップリと与えて下さい。
暖かい午前中等に、与えて下さい。鉢ごと、バケツに浸してしまってても良いです。

置き場所は、明るい室内に飾ってください。可能であれば、日当たりが
最適です。あまり、暖房の強いお部屋ですと、お花を楽しむ期間が短くなります。

★お花が下から咲き終わってきたら、花茎の下から切り取ってしまい、
切り花にします。そうすると、蕾までキチンと咲いてくれます。

★来年咲かす為には、4月~9月までは1株に対して一つに芽だけ残して、他は
全て掻きとってしまいます。液体肥料を2000倍に薄めて、2週間置き位の間隔で
4月~9月位まで与えます。4月~11月までは屋外で管理出来ますが、
夏の直射日光はキライ!ます。

花屋hanayatora
アップ 45

マトリカリアの八重咲き「ホワイトワンダー」です。。マトリカリアもマーガレットと同じキク科のお花で、女性に人気があるお花です。。野のお花感がタップリ!です。。ヒョロヒョロしていますが、日持ちもなかなかイイ!のでオススメ!のお花です。。一重やキイロのポンポン、ピンクのポンポン、オレンジのポンポンなどがあります。一重咲きのお花は、花苗や花鉢でも流通しています。。葉っぱはビニール??のような独特の香りがします。。好きな人は大好きな香りです。。ちょっと普段かがない香りなので、見つけたら是非香りを嗅いでみましょう。。
このお花も、切り花は水上げは「湯上げ」が良いです。。花苗や花鉢は、買いたてのものは強い霜に当てないように管理します。育ててみたら、なかなか寒さには強かったです。。ガ!夏に枯れてしまいました。。高温多湿が苦手なようですね。。(><)

 「マトリカリア 八重咲きホワイトワンダー」 キク科・タナツケム属の耐寒性多年草(日本では一年草扱い) 西アジア原産 夏白菊とかフランス菊とかとも呼ばれます。。葉っぱの不思議な是非!香りを嗅いでみましょう!!

花屋hanayatora
 
VFSH0021_20080107133642.jpg

ナチュラルなカワイイ!雰囲気が人気の、「マーガレット」です。。11月くらいから切り花が出回って来ます。。鉢物は12月くらいから出てきます。切り花は、「湯上げ」と言って熱いお湯の中に20秒くらい茎を浸してお水を飲ませます。。かわいそうな感じがしますが、熱いお湯の中に茎を入れるのは、空気が水を吸い上げる導管内に入っていると、水上げが悪くななるので空気を抜いてしまう為と、切り口が元に戻らないよう(傷口がふさごうとする為)壊死させる事で障害反応を取り除く効果があります。。この時期寒いので、キチン!と管理すると1ヶ月くらいお花が持ちます。。。マーガレットだけをドボン!と花器に活けるのがオススメ!の飾り方です。。ブリキやなにか要らない缶に活けるのも相性がイイ!ですね!鉢物は、強い霜がキライ!なので購入後は霜よけをしてやり凍らないように管理してあげます。シロは大株になると、少々の凍結では大丈夫で放っておいていいんですが、温室から出てきた販売用のマーガレットは凍るとグタァ~となってしまいます。。赤や黄色やピンク、八重咲きなど色々な種類が出ていて、何回が育てた事ありますが、八重咲き系は寒さには弱いと思います。。強い霜に注意して、日当たりの良い所で管理すると初夏までお花を咲かせてくれます。。マーガレットは色んな種類を持っていて、長く育てていたんですがお店を始めてから何かと忙しくて全滅させてしまいました。。(><)
マーガレットの切り花はJA伊豆とJA土佐くろしおが有名です。。。

 「マーガレット 切り花用品種 ビーナスホワイト」 キク科・ アルギランテムム属 の常緑多年草 カナリア諸島原産 日当たりが良い所で管理して、お水は乾いたらタップリとあげます。凍結に注意して、長くお花が咲くので肥料もチャント上げましょう。。(^^)/
店頭で販売している花鉢は温室から出てきているので、霜の当らない所で育てます。。

お花の水上げのやり方 http://www.878.ecweb.jp/page067.html

花屋hanayatora
PalmJumeirahfromSKY.jpg

この写真は、昨年Weddingを頼んで頂いた方から新年のMailに添付されていたお写真です。この方は、挙式後にUAEのドバイの方へ引越しされました。。有名なリゾート地の写真ですが、とてもイイ!写真ですのでUPしました。。まるで、鳥のように見えます。鳥の翼の部分は、海に浮かんでいる家です。。。スゴイ!!


 「PalmJumeirahfromSKY」
 セスナ機の上からパチリ(^^)v 気分です。。

花屋hanayatora
アップ 25

写真の白いタマゴのようなチューリップは「インゼル」です。。チューリップと言えば、赤や黄色などをよく見かけますが、シロはタマゴのようでカワイイ!ものです。。切り花でチューリップを購入したら、暖房のかっかっていないお部屋に飾ります。12度~くらいでパァ~と大きく咲いてしまい日持ちが短くなってしまいます。。パァ~と大きく咲いても寒くなると蕾の状態に戻ります。チューリップは、切り花にしても花首がグ~ンと伸びてくるので、ダラ~ンと垂らして活けてもカワイイ!です。。チューリップは新潟が名産地です。。冬の間の雪がチューリップに良いのです。土の中の湿度が丁度良いそうです。。うちも新潟産のチューリップです。。カサブランカも新潟産がイイ!!

 「チューリップ インゼル」 
☆JA全農にいがた チューリップの品種色々!!
http://www.nt.zennoh.or.jp/floinfo/lipcata.pdf
☆富山県花卉球根農業協同組合
http://www.tba.or.jp/top.html
☆チューリップ王国とやま
http://tulip.agri.pref.toyama.jp/tulip/

花屋hanayatora
VFSH0021_20080104154923.jpg

デザートという名前の大きなスタンダードのバラです。。。エレガントで少しクラシックな感じの色合いのバラです。。お花の大きさは、開かなくても直径7cm~8㎝ほどある大輪のバラです。。年末はバラ・・年始もバラです。。このバラは、昨日さいたまスーパーアリーナでの声優の水樹奈々さんのスタンド花に使用したバラです。。。

 「スタンダードローズ デザート」

花屋hanayatora

VFSH0008.jpg
キレイ!真っ赤なセンニチコウのお花です。。うちのお店では、一年中大活躍のお花です。。PetitBouquet~Arrengement~WeddingBouquetまで幅広く活躍です。。お花はドライフラワーにもキレイ!な赤いまま残るので、オススメ!!です。お値段もリーズナブルなお花で、カワイイ!!と人気があります!!本来は、夏に強いお花なのですが・・・

 「センニチコウ ストロベリーフィールド」 ヒユ科・センニチコウ属の非耐寒性一年草
熱帯アメリカ原産 花苗は春~秋まで流通していて、切り花は一年中流通しています。高温と乾燥に強いので、夏花壇に最適な花苗です。。何故??今、登場したかと言いますと??
お正月に売って見たかったと・・・鮮やかな赤がなにかめでたいなぁ~と・・

花屋hanayatora
VFSH0007.jpg
今日は1/2日、まだお正月ですが、お仕事、お仕事です。暮れからのお正月のものや陳列等を普段に戻して、今年初のスタンド花を作成したりと色々と忙しい年明けです。。今年の一番最初のスタンド花は声優の「水樹奈々」さんへです。。お店の前は新春のセール等、マルイやOpa等がやっているので、今日は、人!人!!人!!!です。。。早く帰れたら、初詣でも行こうかな???

「麦の穂」

花屋hanayatora
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。